銀行と消費者金融の違いとして総量規制をあげる人がよくいます。

総量規制とは貸金業法に書かれている法律のことで、簡単にいえば個人に対して年収の1/3以上の貸付を行ってはならないという法律です。これはあくまでも貸金業者に対しての法律なので破ったとしても利用者に罰則はありません。貸金業者はこれを破ると行政処分を受けることになります。

この年収の1/3というのは、一社からの借り入れのみではなく借り入れの総額となっています。

またこれに関連して一定額以上の借り入れの場合は収入証明の提出を求められるようになりました。

具体的には一社から50万円以上の借入、もしくは借入額が100万円を超える場合において収入証明の提出が必要となります。

この総量規制は対象外や例外の規制が規定がいくつかあります。

対象外の代表例は銀行カードローンです。銀行は銀行法という法律で動くので貸金業法にかかれている総量規制は関係ありません。

次に対象外ですが、これはおまとめローンなど5借り換え目的ローンが一番有名です,

例外と対象外の違いですが、例外は年収の1/3に含まれるが特例として追加で借り入れが可能で対象外は初めから1/3に含まれないということが言います。

このカテゴリーの記事一覧