消費者金融の審査では返済履歴が最も重要な審査基準です!

以前より「消費者金融の審査基準」や「消費者金融の最低年収」などをテーマにして記事を書いてきました。

ただ、もし私が「消費者金融の審査基準で一番大事な項目は何か?」と聞かれたら、間違いなく「過去の返済履歴が大切」と断言します。

と言うのも、消費者金融に限らず、あらゆる金融審査の基準となるのは、他社の返済実績で延滞や滞納がないかが全てであり、返済履歴に問題がないことを前提にお金を貸しているからです。

年収不足などによって融資を断られるケースはありますが、あくまでそれは返済履歴に問題がないことが前提になっているからです。

返済履歴で重要な5つのポイント!

他社カードローンの返済履歴
クレジットカードの支払
携帯電話の分割代金
住宅ローンや教育ローン
その他、分割ローン全て

もしあなたが消費者金融の審査に少しでも確実に通りたいと思うなら、今紹介した5つの返済履歴に問題がなければ、かなりの確率でキャッシングできると言えます。

実際、消費者金融の場合は住宅ローン審査の様な高額なキャッシングにはならないので、返済履歴をしっかりとキレイな状態にしておけば、少額の融資にはこぎつけるケースの方が多いです。

なので、今から解説して行く5つの返済履歴に関しては、あなたも慎重にチェックして下さいね!

消費者金融の審査では税金や公共料金の滞納は関係ありません

また消費者金融の審査と返済履歴の関係で、実際によくある質問としてあるのが「税金や公共料金の滞納は審査に影響するのか?」という質問です。

これは結論から言えば、消費者金融の審査においては税金や公共料金の滞納や延滞と言うのは影響はないと言えます。

この辺りの理由を詳しく解説すると長くなるので割愛しますが、簡単に言えば、税金や公共料金の滞納はCICなどの信用情報に登録されないので、消費者金融側もチェックが出来ないためです。

ただし、公共料金などをクレジットカードで支払っている場合は、クレジットカードの支払い履歴に滞納として情報が残るので注意が必要です。

ただし、口座引落などで公共料金を支払っている場合は、消費者金融の審査には特に影響はないので、ぜひ自信をもって審査を申し込んで下さいね!

消費者金融の審査と返済履歴で大切な5つのポイント!

次に本題である「消費者金融の審査と返済履歴で大切なポイント」を大きく5つに分けて解説をしたいと思います。

1.他社カードローンの返済履歴

消費者金融に審査を申し込むときの絶対条件として、他社カードローンの返済履歴は絶対に滞納や延滞がない状態にしましょう。

また、あなたがすでにどこかのカードローンからキャッシングをしていて、さらなる追加融資を消費者金融で考えているなら、既存のカードローンで増額審査をした方がお得です。

と言うのも、増額審査を活用した方が、合計の毎月の返済額が安く済む他、限度額を増額させることによってカードローンの金利が安くなることが期待できるからです。

もしそれでも新規で消費者金融の審査を申し込みたい場合は、最低でも直近の3カ月間の返済実績はキレイな状態にして審査を申し込まれるようにして下さい。

消費者金融の返済履歴のポイント!その1

  • 他社カードローンの支払いはキレイに!
  • 新規融資よりも増額審査の方がお得
  • 最低でも直近3カ月はキレイにしておく

2.クレジットカードの支払い

もしあなたが初めて消費者金融に審査を申し込むのであれば、あなたがすでに持っているクレジットカードの支払実績に注意しておくことをおすすめします。

と言うのも、クレジットカードの返済履歴というのも消費者金融はとても重要視していて、あなたが毎月の支払いで延滞や滞納がないかを見ています。

また、クレジットカードのキャッシング枠やリボ分割払いの残高は「現在の借金」として計算されるので、総量規制の対象となる点にも注意してください。

他社カードローンのときと同様、クレジットカードも直近の3カ月間は最低でもキレイな状態にしてから消費者金融の審査を申し込むことをおすすめします。

消費者金融の返済履歴のポイント!その2

  • クレジットカードも支払履歴が重要
  • キャッシング枠の限度額も借金として計算する
  • リボや分割払いの残高も借金として計算される

 

3.携帯電話の分割代金

消費者金融の審査を申し込むときに、一番意外な返済実績として挙げられるのが「携帯電話の分割代金」です。

実は携帯電話の毎月の分割代金も借金として計算されてしまうので、毎月の携帯電話の支払いも十分注意しておく必要があります。

また、最近は少なくなりましたが、あなたの名義で携帯を複数台所有し恋人や家族に渡しているときも、あなた名義の携帯の支払いで延滞がないかをチェックすることは大切です。

あくまで、あなたの携帯電話の本体代金の残高として信用情報に履歴が残るので注意してください。

消費者金融の返済履歴のポイント!その3

  • 携帯電話の分割代金の残高も借金
  • 毎月の携帯電話の支払い忘れに注意!
  • 複数台契約しているときはもっと注意する

 

4.住宅ローンや教育ローン

もしあなたがすでに持ち家や車を所有していて、フラット35などの住宅ローンやマイカーローンなどを組んでいる時は、これらのローンの支払履歴も消費者金融はチェックをしています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンの残債は借金として計算されないので、申告する必要はありません。

また、あなたが奨学金などの教育ローンを受けている場合は、契約者があなた自身なのか親名義で借りているかで、信用情報に履歴が残るかが分かります。

もしあなたが自分名義で教育ローンを組んでいる場合は、信用情報に返済履歴が残っているので、毎月の支払いに延滞がない状態を最低でも3カ月は維持するようにしましょう。

消費者金融の返済履歴のポイント!その4

  • 住宅ローンなどの返済実績も大事
  • ただし銀行ローンは借金に計算しない
  • 教育ローンは誰の名義なのかをチェック!

 

5.その他、分割ローン全て

もしその他、あなたが「ブライダルローン」や「学生ローン」などを組んでいる場合は、これらのローン関係の支払い実績も信用情報に記録が残っているので注意が必要です。

また、運手免許合宿などの合宿費用をジャックスなどの信販会社で分割払いにしている場合も信用情報に履歴が残ることになります。

この時、これらの分割ローンは借金として計算されるほか、毎月の支払いで延滞や滞納がないかを消費者金融はチェックしています。

毎月の支払いに延滞や滞納がなければ特に問題はありませんので、最低でも3か月間は支払い実績をキレイな状態にしておきましょう。

消費者金融の返済履歴のポイント!その1

  • 信販会社の分割払いも借金
  • 運転免許合宿などの分割払いも借金
  • 少なくとも直近の3カ月はキレイにする

 

もし消費者金融の審査が不安なら信用情報を取得するのも方法

今回は消費者金融の審査を申し込むときに重要な項目である「返済履歴」について解説をしました。

返済履歴と言うのは、消費者金融に限らず全てのローン関係の審査で重要な項目になるので、日ごろからカード関連の支払いは期日通りに支払っておくことが大切です。

ただ、もしあなたが過去の返済履歴に自信がなかったり、自分がどういった信用情報の状態になっているのかが気になるのであれば、一度信用情報機関に問い合せをして、信用情報の情報開示をすると良いかもしれません。

国内の主な信用情報機関

JBA(全国銀行協会)は、主に銀行や信用金庫、農協などの金融商品の履歴が残っている信用情報機関です。

そのため、クレジットカードやカードローンなどの信用情報を気にするのであれば、CICやJICCのどちらかの信用情報機関に個人情報の開示請求をすれば大丈夫です。

情報開示料に1000円掛かってしまいますが、クレジットカードがあればインターネット上ですぐにチェックすることが出来るので、審査に不安な点がある場合はぜひチェックしてみて下さいね!

審査条件さえ満たせばあなたも必ず消費者金融の審査に通過します!

「消費者金融の審査は通るか不安だ…」
「安定した固定給がないから審査は厳しいかも…」

もしかしてあなたはそんな理由で消費者金融の審査を諦めてしまってはいませんか?

確かに消費者金融の審査では毎月の安定した収入があることが前提にはなっています。

ですが、実際には消費者金融の審査ではあなたがきちんと働いていることを証明することができれば、年収の3分の1の範囲内であればきちんと融資を行ってくれるんです。

また、今回お話した通り、消費者金融の審査では年収よりもあなたの過去の返済履歴の方を重要視しているので、あなたが過去2年間の間に滞納や延滞がない状態が多いのなら、消費者金融でキャッシングできる可能性はとても高いと言えます。

審査基準さえ満たせば、あなたも必ず消費者金融の審査に通ることができるので、今すぐ審査を申し込んで今の状況をうまく切り抜けていきましょう!

このカテゴリーの記事一覧