消費者金融では職業によって審査に落ちることはまずありません!

「職業が原因で消費者金融の審査に落ちるの?」
「転職直後だから消費者金融の審査に不安…」

人によっては、あまり公には言いにくい様な職業に就かれていることだってありますよね。

また、収入が安定しにくい職業などもあり、あなたも自分が消費者金融の審査に通るか不安に感じてはいませんか?

ですが安心して下さい。

結論から言えば、消費者金融の多くはあなたの職業や性別などを理由として審査に落とすことはまずありえないと言えます。

審査に不安のある職業は?

自営業
風俗関連
学生、フリーター
パート主婦
転職直後

もしあなたがこれらの職業に該当していて、消費者金融の審査を諦めているならもったいない!

消費者金融の審査ではこれらの職業の人でも、収入があることを確認できれば、ちゃんと審査に通ることができるんです。

もちろん、条件次第では限度額などに制限を設けられるケースもありますが、まずは審査を申し込んでみる価値は十分あるので、ぜひ申し込んでみて下さいね。

消費者金融の審査では職業ではなく安定収入がポイント!

「自分の職業に不安があるから…」
「自営業だと審査に通りにくいって聞くから…」

確かに不安定な職業に就いていると、消費者金融の審査にちゃんと通過できるか不安に感じるかもしれません。

ですが、消費者金融の審査は職業の安定性ではなく、安定した収入があるかがポイントになっています。

もちろん、正社員や公務員の方が消費者金融の審査は有利なことは間違いありません。

それでも、消費者金融の審査では安定収入や過去の返済実績などを元にして、あなたに融資できる金額を決めて行くので、職業だけを理由に審査に落とすことは決してありません。

これからそれぞれの職業における審査対策などを解説して行くので、もしあなたが消費者金融の新s何不安なことを感じているなら、ぜひチェックして下さいね!

職業による消費者金融の審査が不安なあなたへ!

1.自営業

自営業の場合、収入証明書を提出することができるかが大きな審査ポイントとなります。

個人事業主や自営業の場合は、自分で給与明細を発行することがないので、どうしてもこの手の金融審査では不利になってしまいがちです。

ですが、源泉徴収票や確定申告書など、あなたが収入があることを証明できる公的な書類を役所で発行すれば、自営業の場合でも消費者金融の審査に通ることは十分可能です。

また、株式会社などの法人格をすでに取得している場合は、社会保険証などを証明書類として提出するとさらに効果的です。

2.風俗関連

風俗関連の場合、あなたがちゃんとそのお店で勤務していることを確認できるかが一つのポイントになります。

お仕事の内容によっては、日払いになっていて給与明細などを受取っていないこともあるので、この場合は収入証明書不要の消費者金融やカードローンを選ぶことが大切です。

プロミスやアコムなどでは、限度額が50万円までなら収入証明書なしで審査に通るので、ぜひ一度審査を申し込まれてみて下さい。

3.学生、フリーター

もしあなたがアルバイトなどをしている学生やフリーターなのであれば、消費者金融の審査では心配が必要な部分は特にありません。

消費者金融は総量規制の対象なので、年収の3分の1以上のお金は借りることができないので、あなたの毎月のアルバイト代×12か月分を計算して、借りれる限度額を計算されてみることをおすすめします。

ちなみに、毎月のアルバイト代が月8万円以上あるなら、消費者金融の審査に通る見込みはかなり高いと言えます。

4.パート主婦

あなたがパートタイムに入っている主婦なのであれば、学生やフリーターの時と同様、消費者金融の審査に問題はありません。

注意点として、専業主婦などの場合は、消費者金融の審査は断られてしまいやすいので、総量規制対象外の銀行カードローンの方がおすすめになります。

また、クレジットカードなどを普段から利用している場合には、カード類の返済履歴なども重要なので、普段からカード類の支払いだけは延滞や滞納がないようにしておきましょう。

5.転職直後

消費者金融で心配なのが転職直後に審査を申し込む場合です。

転職直後でまだ間もない場合は、初任給がまだ入って来ないので、有効な収入証明書が手に入りません。

その為、有効な審査対策としては、転職前に審査を申し込んでおくか、収入証明書なしの消費者金融を活用する方法です。

また、一部の消費者金融では在籍確認の電話を、社員証や名刺などの書類確認に切り替えてくれるケースもあるので、まずは審査を申し込んだあとの本人確認の電話で色々と相談されてみて下さい。

消費者金融の審査に通りたいなら返済履歴を要チェック!

今回は「消費者金融の審査は職業に影響が受けない」ということをお伝えしました。

一般的なイメージとして、消費者金融などのカードローン・キャッシング審査は年収が高ければ高いほど有利な印象があるかと思います。

ですが、実際には年収の高さよりも過去の返済履歴の方が消費者金融はとても重要視している傾向にあるんです。

参考記事
>>消費者金融の審査は返済履歴はどれだけ重要なのか?(準備中)

こちらの記事でも紹介する予定ですが、消費者金融の審査では本当に過去の返済履歴が重要になっています。

極端な話、あなたの年収が1000万円を超えていたとしても、他社の返済履歴に滞納や延滞があると審査に通るのは一気に難しくなります。

それだけ消費者金融などの金融関連の審査では、他社の返済履歴などが重要になっているので、少なくとも直近の3カ月間の返済履歴はキレイな状態を保つようにしましょう。

審査基準さえ満たせばどんな職業でも消費者金融の審査に通ります!

消費者金融の審査は、一見難しい様に感じたり強引な勧誘がないだろうかなど、色々と不安に感じる部分があるかもしれません。

ですが、実際の消費者金融は(大手であれば)銀行窓口のような対応品質で審査を進めてくれるので、あなたが思っている以上に安心して審査を進めることができます。

また、今回の記事でも繰り返して解説してきたとおり、消費者金融の審査において職業が直接的な審査落ちの原因になることはありません。

このサイトで紹介している1つ1つの審査条件をしっかりとクリアして行けば、あなたも必ず消費者金融でキャッシングできるので、自信をもって審査を申し込むようにして下さいね!

このカテゴリーの記事一覧