消費者金融の審査で年収の目安が100万円と言われる理由とは?

前回の記事で消費者金融の基本的な審査基準について解説をしました。

基本的に消費者金融の審査では年収が100万円はないと厳しいと言われています。

ただ、限度額を低くすることや正しい申告を行うことで、年収が100万円未満の場合でもキャッシングできるケースは多いです。

年収を申告するときのポイント!

申告は手取りではなく額面で
基本は年収の3分の1まで
年収のごまかしは効かない

消費者金融の審査では嘘をつくのは厳禁ですが、その中でも年収についての嘘は厳しくチェックされます。

特に個人事業主や自営業の方は、自身の年収がはっきりしないので、年収を高く申告しても確定申告書などの書類を求められてしまいます。

また、いくら収入証明書なしのカードローンが増えたからと言って、年収を高く申告し過ぎると消費者金融側も審査が慎重になるので注意してください。

今回は消費者金融の審査基準の一つである「年収」について解説して行くので、しっかりとチェックして下さいね!

 

年収が100万円未満でも消費者金融の審査に通ることはあります

「アルバイトだから自分にはムリだ…」
「学生だとカードローン審査は厳しいかも…」

確かに、学生やアルバイト収入がメインのフリーターの方だと、銀行カードローンなどの審査は厳しいと言われています。

ですが、できることなら今の窮地を脱出するためにも、夢や学費を払うためにも、少しでもまとまったお金を借りたいと思いますよね。

実は大手の消費者金融に審査を申し込めば、たとえ年収が100万円未満の場合でも、条件次第ではキャッシング審査に通してくれるんです。

重要なポイントは、借りたいお金をあなたの年収の3分の1までに抑えること。

実はこれを実行するだけで、アルバイト収入をメインとする学生やフリーターのあなたでもちゃんと消費者金融の審査に通るんです。

もちろん年収だけが審査の全てではありませんので、全体の細かな審査基準まで知りたい場合は、こちらの記事を参考にして下さいね!

 

消費者金融の審査で年収を申告するときの3つのポイント

基本的に消費者金融に審査を申し込んだとき、年収はとても重要な審査項目の一つとして扱われることになるんです。

ただし、だからと言って嘘をついてまで年収を高くしても、すぐにバレてしまうので辞めておきましょう。

消費者金融では収入や年収を高く申告し過ぎても、給与明細などの書類提出を求められてしまうので、審査では正直に申告するのが一番です。

とは言え、年収を申告するときにいくつかのポイントがあるので、今から話す3つのポイントを参考にして、審査を申し込んでみて下さい。

 

1.申告は手取りではなく額面で

まず意外と知られていないことですが、消費者金融や銀行カードローンの審査の場合、申告する年収の金額は「手取り収入ではなく額面の年収」が正解です。

特にこれは会社に勤める社会人の方に多いですが、社会保険料や組合費など色々な天引きの後にお給料として振り込まれていますよね。

そのため、カードローン審査ではついつい手取り年収で申告してしまいがちですが、これは間違い。

天引き前のお給料で年収を計算するのが正解です。

これをするだけでも、あなたが借りれる金額が大きくなるので、ぜひ実践して下さいね!

 

2.基本は年収の3分の1まで

消費者金融は銀行カードローンほど審査は厳しくありません。

ただしその分、借りれる限度額に制限が多いのが消費者金融です。

特に消費者金融は総量規制のキャッシングとなるので、年収の3分の1以上のお金を借りることができない点に注意が必要です。

また、年収の3分の1までというのは、各消費者金融やクレジットカードの借入残高、携帯電話の分割代金など、あなたが今借りている合計の借金が年収の3分の1までになる必要があります。

その為、もしあなたがすでにクレジットカードのリボ残高で年収の3分の1以上借りている場合には、消費者金融からのキャッシングは難しいので注意してくださいね。

 

3.年収のごまかしは効かない。けど

これは裏ワザという訳ではないのですが、パートやアルバイト収入がメインの人限定の申告方法です。

と言うのも、消費者金融の審査では基本的に直近の給与明細を収入証明書として提出を求めてくることが多いです。(基本は2か月分)

そこで、消費者金融の審査を申し込むときには、直近のバイトのシフトを多めに入れるなどして、一時的に年収を大きく見せるなどの方法も使うことができます。

もちろんやり過ぎは禁物ですが、少しでもあなたの返済能力の高さをアピールする一つの方法として知っておくと便利です。

 

大切なのは審査のときに年収の嘘をつかないようにすること!

今回は消費者金融の審査基準の一つである「年収」について細かく解説をしました。

消費者金融に限らず、つい「自分の年収を嘘をついてまで高く見せる」ということをしてしまいがちですが、これは危険です。

仮に嘘の年収で審査に通っても、年収に嘘が分かった時点で、消費者金融から一括返済や強制解約を求められることになります。

最悪の場合は、詐欺に問われることにもなりかねません。審査で嘘を付くのは絶対に辞めましょう。

なにより、借りた後の返済で苦労するのはあなた自身です。

消費者金融が審査を行っているのは、あなたに返せるだけの適正なお金を貸すためであり、いじわるをしている訳ではありません。

ぜひ審査を申し込むときは、あなたの年収は正直に申告するようにして下さいね。

このカテゴリーの記事一覧