消費者金融の審査基準を満たせばあなたも必ずキャッシングできます!

基本的に消費者金融は、安定した収入があればパートやアルバイト収入がメインの人でも審査に通ることができます。

もちろん消費者金融でも一定の審査基準をクリアしないとキャッシングはできません。

ですが、銀行カードローンほど審査は厳しくないので、あなたも次に紹介する5つの基準をクリアしていれば大丈夫だと言えます。

消費者金融の審査基準

安定した職業に就いている
年収が安定している
借入件数が少ない
勤務先の確認が取れた
居住年数が長い

もし今紹介した5つの項目のうち、あなたが3つ以上の項目をクリアしていれば、消費者金融の審査に通る可能性はとても高いと言えます。

特に1番と2番はとても重要な審査基準です。

逆に言えば、この1番と2番さえクリアしていれば、あなたも消費者金融でキャッシングできる見込みは十分あると言えます。

これからあなたが消費者金融の審査に通るために必要な対策や準備について順番に解説して行くので、面倒くさがらずしっかりと読み進めて行って下さいね!

 

消費者金融の審査に通るかどうかって不安ですよね。

「消費者金融の審査に通るか不安…」
「アルバイト収入だけど大丈夫だろうか…」

たしかに初めて消費者金融に審査を申し込むときって、何だかとても緊張しますし、不安に感じることも多いですよね。

ですが、もしあなたがそんな不安を感じているなら安心して下さい。

今どきの大手消費者金融なら、実は銀行カードローンよりも対応が丁寧でサービスも充実しているところが多いんです。

実際、銀行カードローンの口コミを見れば分かりますが、対応が事務的で不快感を感じた人も多いのだとか。

その点、消費者金融はこれまでも貸金業を営んできた実績もあり、オペレーターの対応レベルやサービス内容がとても高いんです。

また、審査基準に関しても、消費者金融の方が銀行カードローンよりも審査通過率が高いので、新規融資に積極的だと言えます。

サラリーマンや公務員しか相手にしない銀行カードローンより、消費者金融の方があなたの悩みに真摯に答えてくれるので、ぜひ一度は消費者金融に相談してみて下さいね!

 

あなたが消費者金融の審査に通るために必要な5つの審査基準とは?

とは言え、消費者金融も審査がないわけではありません。

むしろ消費者金融の方が審査基準は明確なので、事前に一個一個の審査項目をしっかりクリアして行くことがとても大切。

逆に言えば、審査基準さえクリアしてしまえば、あなたがアルバイトやパート収入がメインの人であっても、必ずキャッシングできるということ!

これから解説する5つの審査基準をしっかりとクリアして、あなたも今すぐ審査を申し込んで下さいね。

 

1.安定した職業に就いている

消費者金融が言う「安定した職業」と言うのは、正社員や会社員だけでなく、パートやアルバイト収入がメインの人も対象になっています。

確かにあなたが正規雇用者かどうかも重要な要素ではりますが、むしろ重要なのは「どれだけ長い期間、同じ職場で働いているか」だと言われています。

具体的には、あなたが今の仕事に就いてから1年以上経っていれば、消費者金融の審査基準は一つクリアしたと言えます。

消費者金融の審査ポイント!

  • 理想は公務員や正社員
  • だけど、パートやアルバイトでも十分!
  • 同じ職場で1年以上働いていればOK!

参考記事
>>年収が100万円未満でも消費者金融で借りれるのか?

 

2.年収が安定している

消費者金融の審査で最も大事と言われているのが、この「安定した収入があるか」という項目です。

言い換えれば「年収がどれだけあるか?」というのが、消費者金融の重要な審査基準となっているということ。

具体的な目安としては、年収が100万円くらいあれば消費者金融の審査に通る可能性はかなり高いと言えます。

なので、毎月のアルバイト収入で7万円~8万円ほどあれば、あなたも消費者金融の審査に通る見込みは十分あると言えます。

消費者金融の審査ポイント!

  • 目安の年収は100万円前後
  • 毎月7万円以上のバイト代があるか
  • 足りない時は、掛け持ちしてでも増やす

 

3.借入件数が少ない

もう一つの重要な審査基準として「借入件数が少ない」と言うのがあります。

基本的に消費者金融から借りるお金は「総量規制」の対象となっているので、年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。

そのため、借入件数が多すぎると消費者金融の審査が厳しくなるので注意してください。

また、他社からの借入には「クレジットカード」や「携帯電話の分割代金」も含まれている点に注意!

これらの借入合計額が年収の3分の1を超えていなければ、あなたも消費者金融からキャッシングできる可能性が高いと言えますよ!

消費者金融の審査ポイント!

  • 消費者金融は総量規制の対象
  • 年収の3分の1までしか借りれない
  • クレカや携帯の分割金に注意!

 

4.勤務先の確認が取れた

消費者金融の審査を進めて行くと、必ず発生するのが「在籍確認」というイベントです。

この在籍確認では、あなたが審査で申告した会社で本当に働いているかを確認するために、実際に勤務先に電話を掛ける行為のことを指します。

ただ、普段アルバイトをしていて、あなた宛てに電話が掛かってくることなんて、相当珍しいですよね。

もしあなたがアルバイト収入がメインで、消費者金融からの在籍確認の電話が嫌なら、モビットのWEB完結申込がとてもおすすめ。

モビットのWEB完結申込を利用すれば、在籍確認の電話なしで審査が最後まで完了するのでとてもおすすめですよ。

消費者金融の審査ポイント!

  • 在籍確認の電話は必ずある
  • モビットのWEB完結申込がおすすめ

 

5.居住年数が長い

最後の審査基準として、居住年数が長いかどうかも、審査基準の一つとして考えられています。

ただこれは、あまり審査に大きな影響を与えないと言われているので、安心して下さい。

基本的には在住期間が1年以上あれば問題ないと言われていますが、引越しの直後で1年未満という場合も当然あります。

なので、居住年数や今の住まい状況を理由に審査に落とされることはあまりないので、むやみに嘘をつかず正直に申告しましょう。

消費者金融の審査ポイント!

  • 居住年数は1年以上が理想
  • 審査落ちの直接的な原因にはならない
  • 嘘つくより正直な申告がおすすめ

 

限度額を20万円以下にすれば審査に通る可能性がアップします!

今回は消費者金融の審査に通過するための具体的な審査基準を5つ紹介しました。

繰り返しになりますが、基本的に消費者金融の審査では「年収と職業」がとても重要な要素となっています。

また、あえて言うなら、他社の返済履歴(クレジットカード・携帯電話含む)で滞納や延滞があれば、審査落ちの原因となることはあります。

ただ、基本的には今紹介した項目をちゃんとクリアしていれば、あなたも消費者金融の審査に通過する可能性はとても高いです。

もしそれでもあなたが審査で不安を感じているのなら、限度額を20万円以下の少額に抑えておくのがおすすめ。

実は、初回審査では消費者金融側も審査に慎重になるので、限度額を厳しく設定されがちになるんです。

そのため、あなたの方から限度額を控えめに設定しておけば、消費者金融側の心証も良くなりやすく、結果的に審査通過率も高くなりやすくなります。

最後のダメ押しの方法として、ぜひ審査を申し込むときは限度額を10万円~20万円の控え目にしてみて下さいね!