増額審査では消費者金融からの在籍確認はありません

結論から言えば、増額審査では消費者金融からの在籍確認はまずありません。

これは初回のカードローン審査のときにすでに在籍確認が済んでいるので、わざわざもう一度勤務先に電話を掛ける必要がないからです。

ただし、以下の条件などが絡んでいる場合、消費者金融側から「在籍確認の電話を掛けて構わないか」という相談を受ける可能性があります。

増額審査で在籍確認が発生するとき

限度額が大きすぎるとき
勤務先が変わったとき
年収に大きな変化があったとき

特にあなたが転職直後などで勤務先が変わった場合は、まず間違いなく在籍確認の電話が発生すると思っておいた方が良いです。

また増額審査に通過するためには、これまでの利用実績や返済実績を加味した上で判断されるので、日ごろから返済期日を守って利用を続けておくことが重要になります。

 

アコム・モビット・プロミスで増額審査の在籍確認はあるの?

消費者金融のなかでも「アコム・モビット・プロミス」の3つは、テレビCMでもお馴染みのカードローンだと言えます。

今回はこれらの消費者金融に増額審査を申し込んだ場合、在籍確認が発生するのかを調べてみました。

 在籍確認の有無
アコム基本的にはない
モビット基本的にない
プロミス条件次第ではある

結局は「あるなしを決めるのは、申込者の内容次第」という印象の回答をもらいました。

どうやら、初回審査で在籍確認が済んでいるのなら、基本的には在籍確認の電話をかけ直すことは無いということです。

それでは、一体どんな時に在籍確認の電話を増額審査のときも行うのか?

今回はこちらについて解説して行きたいと思います。

また過去の記事で「在籍確認をなしにする方法」について解説した記事もあるので、そちらも合わせて読んで頂けたら幸いです。

 

消費者金融の増額審査で在籍確認が起こりやすい3つのケース

増額審査でも在籍確認の電話が発生するときは、簡単に言えば「申込者に大きな変化があった時」だと言えます。

また申込み内容や利用実績、他社からの借入内容次第では、増額審査を申し込んだのに、カードローンの限度額が減額される可能性もゼロではない点に注意してください。

 

1.限度額が大きすぎるとき

増額審査を申し込むときに注意したいのが「今の限度額より大きすぎる金額を借りようとする」と在籍確認の電話が発生しやすいです。

消費者金融は総量規制のカードローンなので、年収の3分の1以上は借りることができません。

そのため、この年収の3分の1ギリギリまでの融資を希望している場合は、在籍確認の電話をもう一度行う可能性がでてきます。

なので、増額審査を申し込むときは一度に大きな金額まで限度額を広げるのではなく、長い時間をかけて少しづつ枠を広げていく方法をおすすめします。

増額審査での注意点!

  • 一度に大きく広げようとしない
  • 総量規制ルールに注意する
  • 少しづつ枠を広げていくのがコツ

 

2.勤務先住所が変わったとき

増額審査でも在籍確認の電話が一番発生しやすいのが「勤務先住所が変わったとき」のケースです。

これは転職や転勤などで、あなたの勤務先の住所が変わると、消費者金融側でも「本当に勤務先住所で働いているのか?」を確認したいため、電話を掛けてくることがあります。

これは増額審査を申し込まない場合でも発生することがあるので、もし転職が転勤が決まっているのなら、異動する前に増額審査を申し込んでおくことをおすすめします。

増額審査での注意点!

  • 勤務先が変わると在籍確認されやすい
  • 転勤や転職の前に審査を申し込む

 

3.年収に大きな変化があったとき

年収が大きく増えたときは収入証明書の提出だけで問題はありません。

問題になるのは、転職などが原因で年収が大きく下がってしまったときのケースです。

本来は年収が大きく下がったときこそ消費者金融から不足分を補いたいところですが、この時は在籍確認の電話が発生しやすいです。

勤務先に変更がなければ在籍確認の電話はありませんが、もし転職や転勤などが原因で年収が下がっていると、消費者金融側も在籍確認の電話を掛けてこようとするので注意してください。

増額審査での注意点!

  • 年収が上がったときは書類提出だけでOK
  • 年収が大きく下がったときは注意!
  • 転職などが原因で年収が下がった時は特に注意

 

消費者金融の増額審査は利用実績や返済実績で結果が決まります

今回は消費者金融の増額審査を申し込んだときの在籍確認の電話の有無について解説をしました。

基本的に増額審査というのは、ほぼノーリスクで審査を申し込めるので、積極的に利用した方がよいと言われています。

ただし、今回解説した通り「希望限度額が大きすぎる」「勤務先住所が変わった」「年収が大きく下がった」などの条件が絡むと、増額審査で在籍確認の電話が発生しやすいと言えます。

また、増額審査に通るためには、あなたのこれまでの利用実績や返済実績も加味されるので、返済期日は普段からしっかりと守っておくことがとても大切です。

他社の返済実績もキレイで、勤務先に変更もなく、年収も大きく下がっていないのであれば、増額審査は問題なく通るので、ぜひ審査を申し込まれてみて下さいね!

参考記事
>>年収が200万円未満でも消費者金融の審査に通る方法!