消費者金融の審査では必ず在籍確認が発生します

「アルバイトだから在籍確認が嫌だ…」
「在籍確認なしで審査に通りたい…」

もしあなたが在籍確認ができない理由があって、勤務先への電話確認なしで審査に通りたいと思っているなら、いくつかの方法があります。

今回は消費者金融の審査を申し込んだ時の「在籍確認の電話」をなしにする方法をいくつか紹介したいと思います。

在籍確認のポイント

在籍確認は書類確認でもOK!
バレた時の言い訳を考えておく!
電話確認なしの業者を選ぶ!

実は消費者金融が行う在籍確認は、必ずしも電話で確認する必要はないんです。

ただ、収入証明書をなしにする代わりに、勤務先へ電話で確認する必要があるだけなんですね。

今回は勤務先への電話確認をなしにする方法についていくつか紹介するので、あなたが実践できそうな方法があればぜひ試して下さいね。

 

在籍確認の電話ってやっぱり抵抗を感じますよね

「バイト先の店長にバレたらどうしよう…」
「会社の同僚や上司には知られたくない…」

実はこういった不安があって、消費者金融やカードローンの審査を諦めてしまう人がとても多いんです。

やっぱり勤務先へ電話を掛けられるのって、あなたも嫌な気持ちになりますよね。

実際、勘の良い人は電話を受取った時点で「この人キャッシングしようとしているな」と気づかれてしまうことも多いです。

ただ、この在籍確認というのはあなたが確実に返済をしてくれるかを確かめるための絶対に必要な手続きになっているんです。

だからこそ、最近の消費者金融はあなたに心理的な負担が掛からないよう、最大限の配慮をしてくれるようになりました。

もし在籍確認や審査で少しでも不安なことがあれば、ぜひ担当オペレーターに色々と相談して下さい。

きっと、あなただけの解決方法を見つけてくれると思いますよ。

 

消費者金融からの在籍確認の電話を回避する3つの方法!

消費者金融からの在籍確認の電話を回避する方法は大きく3つに分けることができます。

基本的に消費者金融に審査を申し込んだ時点で、担当オペレーターから本人確認の電話が掛かってくるので、審査で不安なことや、誰に内緒で借りたいのかなどを相談すると良いです。

たまに勤務先の営業時間外に在籍確認の電話を依頼する人がいますが、この場合は在籍確認ができなかったという理由で審査に落ちることもあります。

まずは正直にあなたの気持ちや心情を伝えて、オペレーターと在籍確認の方法について相談するようにして下さいね。

 

1.在籍確認は書類確認でもOK!

実は在籍確認の方法は電話ではなく、書類確認でもOKな消費者金融があります。

それが「モビット」です。

三井住友銀行グループのモビットなら、あなたの勤務先に電話を掛けることなく即日キャッシングを行ってくれるので、安心感がとても大きいです。

モビットの「WEB完結申込」を利用することで、あなたの勤務先への電話確認はもちろん、自宅への郵便物もなしでお金を借りることができるのでとてもおすすめです。

今のところ、電話確認なしで審査を進めてくれる消費者金融はモビットだけなので、ぜひ審査を申し込んでみて下さいね。

在籍確認のポイント!

  • モビットのWEB完結申込がおすすめ
  • 勤務先への電話確認なし!
  • あなたの自宅に郵便物も届かない

 

2.バレた時の言い訳を考えておく!

これはやや消極的な対策ですが「バレた時の言い訳を考えておく」ことも、精神的な不安を取り除く方法として有効です。

よくある在籍確認の言い訳としては「ネットバンクの口座開設」や「クレジットカードで書類不備があった」などの言い訳です。

また「親のリフォーム費用」や「医療費の一時的な立て替え」といった理由などは、借りていることがバレたときに使える言い訳です。

また在籍確認の電話は日時指定することもできるので、あなたが取りやすい時間帯に電話を取ることも有効な方法だと言えます。

在籍確認のポイント!

  • 事前に言い訳を考えておく
  • ネットバンクの口座開設は良くある言い訳
  • 電話は日時指定することもできる

 

3.電話確認なしの業者を選ぶ!

基本的に在籍確認の電話なしのサービスがあるのはモビットだけですが、一部の消費者金融では収入証明書の提出を条件に電話確認をなしにしてくれるケースもあります。

例えばプロミスの場合、審査を申し込んだ直後にあなたから電話を掛けて、在籍確認の電話をなしにして欲しいと相談すれば、収入証明書の提出などを条件に電話なしにしてくれるケースもあります。

アコムの場合も同様で、本人確認の電話のときに勤務先への在籍確認の電話を辞めて欲しいと相談することができます。

どちらの場合も、絶対に対応してくれる訳ではないのですが、相談する価値は十分あると言えます。

特にあなたがアルバイトやフリーターで、自分宛ての電話が掛かってくることがほぼないのであれば、ぜひ一度ダメ元で相談されてみて下さい。

在籍確認のポイント!

  • まずはオペレーターに相談する
  • 収入証明書の提出で電話なしになることも
  • とにかく正直に全てを話すこと

 

どうして転職直後での在籍確認は不利になりやすいのか?

在籍確認の電話を回避する方法とは少し話がそれますが「転職直後の在籍確認は不利になりやすい」という話があります。

この話の真偽のほどは分かり
ませんが、一般的に転職直後というのは勤務年数が浅いので、融資条件が不利になりやすいのは事実です。

ただ前職の職歴が長かったり、初月の給与明細の数字が十分な収入があると判断されれば融資を受けられることは十分可能です。

ただし、限度額が50万円未満などの金額に抑えられやすいので、転職前に消費者金融やカードローンの審査に通っておくことをおすすめします。

 

アリバイ会社は絶対に使わない

ときどき、在籍確認を専門にしたアリバイ会社の存在が指摘されますが、アリバイ会社は犯罪なので絶対に関わらないようにして下さい。

特に風俗関連や自営で仕事をされている方は、職業が不安定と判断されがちで、在籍確認の電話もできないなどの理由から審査に通りにくいのは事実です。

ただ、これらの会社を通じて消費者金融からの審査に通っても、後日アリバイ会社を利用していたことがバレてしまうと、強制解約や一括返済を迫られることに繋がります。

あとでしんどい思いをするのはあなた自身なので、アリバイ会社と関わることだけは絶対に辞めましょう。

 

消費者金融からの在籍確認があれば審査通過は目の前です!

今回は消費者金融からの在籍確認の電話をなしにする為の方法について解説をしましたが、如何でしたでしょうか?

やっぱり何だかんだいっても勤務先への在籍確認の電話って嫌ですし、できれば避けたいものですよね。

ですが、在籍確認の電話があるということは「審査通過まであと一歩」という状態でもあるんです。

基本的に消費者金融は書類審査と本人確認の時点で、あなたに融資可能かどうかの判断を行い、勤務先への在籍確認で最終的な融資判断を行います。

「在籍確認の電話確認が取れた」=「融資OK」

こういった図式が消費者金融の審査マニュアルにはあるので、在籍確認まで審査が進んだことはむしろ喜ばしいことであるとも言えます。

もしあなたが、どうしても在籍確認の電話が嫌なのであれば、モビットのWEB完結申込を利用する方法もあるので、ぜひ利用して下さい。

またプロミスやアコムでも相談すれば、電話での在籍確認をなしにしてくれるケースもあるので、ぜひ正直に相談されてみて下さいね。